フィリピンのネイル事情

人気のリゾート地フィリピン。サンダルで足を見せる機会も多いので、せっかく訪れるなら『現地でネイルをしてみたい!』と思う女性も多いのではないでしょうか?
今回はそんな女性のために、フィリピンネイルの価格帯やオススメのネイルサロンなど、フィリピンのネイル事情についてご紹介致します。

フィリピンのネイル事情

フィリピンではマニキュア・ペディキュア(フットネイル)が主流です。サンダルを毎日履くフィリピン人女性はほとんどの女性がぺディキュアをしており、フィリピンのショッピングモールには膨大な数のマニキュアが販売されています。しかし近年は外国人向けにジェルネイルを提供する日系のネイルサロンが数多くあるので、現地でも日本の技術と変わらないサービスを受けることが出来ます。

フィリピンのネイル価格

フィリピンのネイルサロンは、とにかく価格が安いです。日本のネイルサロンの相場が5,000~10,000円なのに対し、フィリピンのネイルサロンの相場は、なんと200ペソ~800ペソ(約400~1,600円)!!!単色ネイル(マニキュア・ぺディキュア)は200ペソ程度、ジェルネイルは500ペソ程度と格安で、ほとんどのメニューにハンド・フットマッサージが付いています。

「日系のネイルサロン」がオススメ!

フィリピンのネイルサロンは街中にたくさんありますが、オススメなのは大型のショッピングモール内にある日系のネイルサロンです。日本だとネイルサロンで働く際「ネイリスト技能検定」「ジェルネイル技能検定」「ネイルサロン衛生管理士」などの資格が必要となるお店がほとんどですが、フィリピンにはネイルの技術を学ぶ専門学校やネイリストの資格がありません。そのためローカルなサロンだと知識不足のためにオフや施術が雑で爪がボロボロになってしまう危険性がありますが、大型のショッピングモール内にある日系のネイルサロンは違います。技術研修や検定制度を設けているところが多く日本人スタッフも常駐しているので、日本の高度な技術をフィリピン価格で受けることが出来るんです。特に、リゾート地として人気の高いセブ島には「Tiptoe Nails(ティプトーネイル)」や「TREE SHADE(ツリーシェイド)」、「Nail Tropics(ネイルトロピックス)」など質の高い日系ネイルサロンがたくさんあります。日本人が経営しているネイルサロンまであるので、フィリピンに訪れる際は是非質の高い日系のネイルサロンでネイルしてみてはいかがでしょうか♪