フィリピーナとの国際結婚事情

日本人にはない魅力をもつフィリピーナ(フィリピン人女性)。そんなフィリピーナと結婚したいと思う日本人も少なくないのではないでしょうか。しかし日本とフィリピンでは文化が異なるため、フィリピーナと国際結婚をする場合は様々な手続きが必要となります。今回は、そんなフィリピーナとの国際結婚事情をご紹介致します。

フィリピーナとの国際結婚事情

フィリピンは男女ともに18歳から結婚することができます。そのため、18歳以上のフィリピーナであれば結婚することが可能です。ただ、フィリピンは法律上「離婚」というものが存在しません。離婚をすることになった場合通常より手続きが複雑となりますので、詳しくはこちらの記事をご参照ください。

フィリピーナとの国際結婚手続き

日本人がフィリピーナと国際結婚するには、日本とフィリピン両国で結婚の手続きを行う必要があります。どちらから先に手続きを行ってもよいのですが、フィリピンは査証免除国ではないのでフィリピーナが日本に入国するにはビザが必要となります。そのため、フィリピーナがビザを持っていない場合は先にフィリピンで結婚手続きを行い、フィリピーナが日本に滞在している場合は先に日本で結婚手続きを行うと良いでしょう。

フィリピンでの結婚手続きの流れ

フィリピンでの結婚手続きは以下の流れとなります↓。
在フィリピン日本国大使館又は総領事館にて「婚姻要件具備証明書」を取得する
フィリピーナ(婚約者)が住んでいる市町村役場にて「婚姻許可証」を取得する
挙式する場所の市町村役場または国家統計局にて挙式し「婚姻証明書」を取得する
日本の役所又は在フィリピン日本国大使館又は総領事館にて「婚姻届」を提出する
※フィリピンで結婚手続きを行う場合、日本人は「戸籍謄本(発行日から3ヶ月以内)」と「パスポート」を用意する必要があります。離婚歴のある方は「改正原戸籍」または「除籍謄本」、未成年の方は「婚姻同意書」も必要です。

日本での結婚手続きの流れ

日本での結婚手続きは以下の流れとなります↓。
フィリピーナ(婚約者)が在日フィリピン大使館又は総領事館で「婚姻要件具備証明書」を取得する
日本の役所に「婚姻届」を提出する
フィリピン大使館もしくは総領事館に「婚姻届」を提出する
※日本で結婚手続きを行う場合、日本人は「婚姻届」「戸籍謄本(本籍地の役所に提出する場合は不要)」「本人確認書類(パスポート、運転免許証など)」「印鑑」を用意する必要があります。また、フィリピーナと日本で一緒に住みたいとお考えの場合は③の後に日本の入国管理局に配偶者ビザ(結婚ビザ)を申請する必要があります。