定番!日本人が喜ぶフィリピンのローカルなお土産

定番!日本人が喜ぶフィリピンのローカルなお土産

フィリピンには魅力ある食べ物が沢山あります!その中で日本人の口に合う、一段とローカルな食べ物をお土産として持って帰りたい方に向けて、今回はフィリピン人が特選する日本人が喜ぶお土産をご紹介いたします。

Mamon(マモン)

定番!日本人が喜ぶフィリピンのローカルなお土産

チーズケーキのようなパンです。日本でいうと、鳩サブレや東京バナナと同じくらいフィリピン定番のお土産です。デパートや空港で売っています。
味は、日本のコンビニに販売されているチーズ蒸しパンに似ていますが、しっとり感はありません。どちらかというとパサついていますが、フィリピンのパンの中では一番美味しいでしょう。このまま食べても美味しいですが、牛乳と合わせて食べるとより美味しく感じます。

BUTTER COCONUT(バターココナッツ)

定番!日本人が喜ぶフィリピンのローカルなお土産

フィリピンのココナッツサブレ。実は、日本の日清製菓のココナッツサブレと同じ商品で「バターココナッツ」と日本語で表記し販売されています。
味は、最初ほんのり甘く、後味はココナッツ風味が特徴です。サクサクした食感で甘さは控えめとなっています。日清製菓が作っているとはいえ、フィリピン人の口に合う味となっていることもあり、フィリピン人の大好きなお菓子の一つです。

SUGO(スゴ)

定番!日本人が喜ぶフィリピンのローカルなお土産

フィリピン人に大人気のナッツ。味の種類はいくつかありますが、日本にあるバターピーナッツに似ていて、サイズは2cm程の小さなナッツ。
フィリピンは豆の生産地でもあるため、安価で美味しいナッツを味わうことができます。その中でもSUGOは一番安いのでオススメです。
小袋に大量に連なって売っているのが特徴で、フィリピンの屋台で購入することができます。

PANING’S(スイカの種)

定番!日本人が喜ぶフィリピンのローカルなお土産

日本でいうポップコーン感覚でフィリピン人は食べています。フィリピンの映画館に行くと、このスイカの種の殻がたくさん落ちているのだとか。また、こうした種類は小さい頃から人気のおやつの一つとして食べられていることから、日本人にも知ってもらいたいため、お土産として持ってくるフィリピン人が多いようです。
味は、ピスタチオに似ていて塩味が強く、ビールによく合います。食べ方は、このまま食べるのはなく殻を向いて種の中身を食べます。癖になる味なので、沢山食べていくうちに殻を上手に剥いて食べれるようになるかもしれません。

いかがでしたでしょうか。
現地フィリピンを感じる、日本人の口にも合うローカル定番のお土産をご紹介いたしました。また、他にもフィリピンのお土産で迷った際はぜひコチラの記事も一緒にご参考ください。