日本のキャッシュカードは使える?フィリピンのATM事情

フィリピンに行こうと思っているけど、
「フィリピンのATMってどうやって使うの?」「日本のキャッシュカードはフィリピンで使えるの?」と疑問に思っている方もいるのではないでしょうか?
今回はそんな疑問を解消するために、フィリピンのATM事情をご紹介致します。

フィリピンのATM事情


フィリピンには日本同様、銀行や空港、ショッピングモールなど様々な場所にATMがあります。24時間稼働しているので、いつでも引き出すことが可能です。ただ、フィリピンのATMはキャッシュカードの種類関係なく手数料がかかるので、引き出す際は手数料200ペソ(約400円)+3~5%の為替レートがかかります。
また、フィリピンのATMは引き落とし限度額が設定されているので、1日に引き出せる金額は5万ペソ(約10万円)程度です。フィリピンの給料日である15日と30日はATMを利用する人が多く、現金不足で引き出しができない場合があるのでご注意ください。

フィリピンで使える日本のキャッシュカード


気になる日本のキャッシュカードについてですが、基本的に日本のキャッシュカードは日本国内で使うように作られているので、日本のキャッシュカードをそのままフィリピンのATMで使用することは出来ません。
しかし、フィリピンでも使える日本のキャッシュカードは存在します!
それは「Cirrus」か「Plus」のロゴが記載されているキャッシュカードです!!
日本の銀行でCirrusかPlusのロゴが記載されているキャッシュカードは「デビットカード」「デビット機能付きキャッシュカード」「国際キャッシュカード」の3種類。これらのキャッシュカードは、三井住友銀行・楽天銀行・セブン銀行・住信SBIネット銀行・ジャパンネット銀行・新生銀行等で発行することができます。キャッシュカードの発行は数週間かかるので、余裕をもって申請するようにしましょう。
《写真参考元:https://uncharted-path.com/international_cash_card/》

フィリピンのATM利用方法


最後に、フィリピンのATM利用方法をご紹介致します。
まずはじめに、使用言語(英語)を設定しキャッシュカードを挿入します。4桁の暗証番号を入力したら、「withdrow(引き下ろし)」画面をタッチし、使用するキャッシュカードに応じて「Debit(デビッドカード)」、「Savings(国際キャッシュカード)」の画面をタッチします。その後引き出す金額を入力し「Confirm(確定認)」の画面をタッチすると現金を引き出せます。キャッシュカードが先に出てくるので、現金の取り忘れにご注意ください。

いかがでしたか?
数日滞在する程度なら両替で大丈夫ですが、長期間フィリピンに滞在することをお考えの方は「デビットカード」「デビット機能付きキャッシュカード」「国際キャッシュカード」のキャッシュカードがあると便利ですよ♪