日本人が住むならココ!フィリピンの日本人街

日本にチャイナタウンやコリアタウンがあるようにフィリピンにも日本人が多く住んでいる『日本人街(ジャパンタウン)』があります。日本人街は日本食材を売っているスーパーがあったり日本食を食べられるレストランがあったりと日本人が住みやすい環境が整っているので、日本人がフィリピンに住むなら日本人街がおすすめです。

フィリピンの日本人街①タギッグ「フォートボニファシオ」

最近までフィリピンで日本人が最も多く住んでいるエリアはマカティといわれていましたが、現在はマカティの隣の市であるタギッグの『フォートボニファシオ(正式名称:ボニファシオ・グローバル・シティ)』に最も多くの日本人が住んでいるといわれています。フォートボニファシオはビジネスエリアでありながら高級住宅地として富裕層向けに大規模開発されたフィリピンの最先端都市。マニラ日本人学校をはじめインターナショナルスクールやブリティッシュスクールもあるので、ファミリー世帯に人気の日本人街です。

フィリピンの日本人街②マカティ「レガスピ」「サルセド」「ロックウェル」

ビジネスの中心地である『マカティ』は、日本人駐在員やビジネスマンの方など多くの日本人が住んでいるエリア。フォートボニファシオは子どものいる日本人ファミリーが多く住んでいるエリアですが、マカティは日本人の単身赴任者や夫婦で住む世帯に人気があります。マカティの中でも特に日本人が多く住んでいるエリアは、グリーンベルト・グロリエッタ・リトル東京などがある「レガスピ」、高級マンションが立ち並ぶ「サルセド」、富裕層が多く住む高級住宅地「ロックウェル」 の3つのエリア。これらのエリアは公園や緑も多く、カフェやコンビニ、ショッピングモールも沢山あります。

フィリピンの日本人街③セブ「バニラッド」

セブの中心地である『バニラッド』は日本人が多く住んでいるエリア。ありとあらゆる日本製品を購入できる「町屋マート」や日本食を堪能できる老舗レストラン「日本食神楽」、日本食と銭湯を楽しめる「神楽SPA」や日本の曲を歌えるカラオケ「BOSS」など日本のショップが密集しています。さらにセブにはファミリーマートやセブンイレブンなど日本のコンビニも沢山あるので、日本とほぼ変わらない生活を送ることが出来ます。

まとめ

いかがでしたか?このほかにも「オルティガス」「アラバン」「イロイロ」「マンダウエ」などフィリピンには多くの日本人街があります。フィリピンに滞在する際は、是非日本人が多く集まる「日本人街」に滞在してみてはいかがでしょうか♪