甘党必見!フィリピンの激甘スイーツ

フィリピン人は極度の甘党です。というのも、フィリピンは平均気温32℃の常夏の国なので、暑さでバテないように甘いモノを食べることでエネルギーにしているんだそうです。そのため、フィリピンではブラックコーヒーに角砂糖を3,4個入れるのは当たり前。スパゲティは日本人がビックリするような甘い味付けだったりと、歯が溶けそうなくらい甘いものを平気で毎日食べています。そんなフィリピンには、激甘スイーツが盛り沢山。今回は甘党には堪らない、フィリピンの激甘スイーツをご紹介致します。

フィリピンを代表する激甘スイーツ「ハロハロ」


「ハロハロ」はフィリピンを代表する激甘スイーツ。日本でもミニストップで販売されていますが、実はハロハロの発祥はフィリピンなんです。ハロハロとはフィリピンの言葉で「ごちゃ混ぜにする」と言う意味。カキ氷にウベアイス、フルーツ、ナタデココ、ミルクなどがトッピングされており、言葉の通りごちゃ混ぜにして食べます。

ホットチョコレートにチュロスを添えた「チュロス・コン・ショコラート」


「チュロス・コン・ショコラート」はホットチョコレートにチュロスを添えた激甘スイーツ。フィリピンのホットチョコレートはタブレアと呼ばれるカカオと砂糖を溶かして作られているのでココアよりもずっと甘く濃厚な味わいです。フィリピンでは、ホットチョコレートは朝食時に供されることが多く、チュロスと組み合わせたチュロス・コン・ショコラートもフィリピンのレストランやカフェなどでよく見かけるメニューとなっています。

もちもち食感の激甘ケーキ「キャッサバケーキ」


「キャッサバケーキ」とは、キャッサバと呼ばれる芋をすりおろして、ココナッツミルク、バター、砂糖を混ぜて焼きあげた激甘ケーキのこと。キャッサバはミルクバターやタピオカの原料なので、モチモチした食感が特徴です。キャッサバケーキはとても甘いため一口サイズに切って食べるのがおすすめ。ブラックコーヒーとの相性は抜群です。

激甘お豆腐スイーツ「タホ」


「タホ」は、サゴ(フィリピン風タピオカ)と豆腐に黒蜜をかけて食べる激甘お豆腐スイーツです。甘い豆腐に黒蜜をかけることでより甘さが際立ちます。また、出来立てほやほやの豆腐を使うので温かいのも特徴です。屋台でも頻繁に見かけるローカルスイーツで、20ペソ(約45円)ととても安く、フィリピンでは気軽に食べることが出来ます。

激甘フィリピン版プリン「レチェフラン」


「レチェフラン」は、とっても甘いフィリピン版プリンです。家庭のデザートでもありますが、お祝い時やお祭り時によく作られます。日本のプリンより少し硬く、キャラメルが激甘なのが特徴です。どのスーパーにも売っているため手軽に手に入りますし、フィリピンのレストランでは定番のデザートとして親しまれています。

いかがでしたか?フィリピンに訪れた際は、是非フィリピンの激甘スイーツを召し上がってみてはいかがでしょうか♪