フィリピンで人気!AKBの姉妹アイドル・MNL48

日本国内だけでなく、インドネシア・タイ・ベトナム・台湾など、どんどん海外展開しているAKB48グループ。
実はフィリピンでもAKB48の姉妹アイドルグループ「MNL48」が活動しており、国内で高い人気を誇っています。

AKBの姉妹アイドル・MNL48

MNL48(エムエヌエル フォーティーエイト)は、AKB48の姉妹アイドルグループです。
MNL48の名前の由来はマニラ(MaNiLa)の頭文字。グループカラーはフィリピンの国旗カラーである青をモチーフにしており、総合プロデュースはAKB48と同じく秋元康が務めています。
結成が発表されたのは、2016年3月。台湾・台北の「TPE48」、タイ・バンコクの「BNK48」とともに発表されました。応募総数4,134名の中から最終審査に残ったのはたったの72名。フィリピン国民のファン投票による総選挙によって67名(正規メンバー48名、研究生19名)の1期生メンバーが誕生し、2018年から活動を開始しています。
MNL48は、既存メンバーと新規の応募者を全候補者として毎年総選挙(ファンによる人気投票)を行い、その年の活動メンバーの枠を争うという、新しいグループ。 2019年4月には第2回総選挙が開催され、既に2年目体制での活動をスタートしています。

MNL48のシングル曲

MNL48は2019年6月現在、シングルを3曲リリースしています。

《出典:https://youtu.be/-7zfQ1WTkWw MNL48より》
デビューシングルは、AKB48の1stシングル・会いたかったをタガログ語でカバーした「Aitakatta -Gustong Makita」。2018年9月28日にリリースされました。
選抜メンバーは1期生オーディションの上位16名。センターポジションは総選挙1位のシェキが務めており、カップリングでは「桜の花びらたち」と「スカート、ひらり」のタガログ語バージョンが収録されています。

《出典:https://youtu.be/_gc8hIwU5lg MNL48より》
2ndシングルは、AKB48のメジャー32ndシングル・恋するフォーチュンクッキーをタガログ語でカバーした「Pag-Ibig Fortune Cookie」。2018年12月1日にリリースされました。
センターポジションは1stシングル同様「シェキ」が務めており、カップリングでは「言い訳Maybe」と「ファースト・ラビット」のタガログ語バージョンが収録されています。

《出典:https://youtu.be/4GknmBbU4Do MNL48より》
3rdシングルは、AKB48のメジャー42ndシングルのカップリング曲・365日の紙飛行機をタガログ語でカバーした「365 Araw ng Eroplanong Papel」。2019年4月19日にリリースされました。
1,2ndシングル同様センターポジションは「シェキ」が務めており、カップリングには「BINGO!」と SKE48の21stシングル「意外にマンゴー」のタガログ語バージョンが収録されています。