BGCボニファシオ・グローバルシティのご紹介

マニラ

フィリピンの首都であるマニラ。ビル群がそびえる近代的エリアもあれば、遺跡がそのまま残存したエリアもある、過去と現在が共存する都市です。人口の増加、投資マネーも流入し、物件価格の高騰が進み、急速な近代化が進んでいます。

BGCの特徴→

Makatiマカティのご紹介

Makatiマカティ

首都マニラの南東に位置している街で、BGCと並ぶ近代的な大都市。フィリピンのウォール街と呼ばれている。高層ビルやショッピングモールなどが集中したフィリピンを代表するビジネス街。

マカティの特徴→

Quezon Cityケソンのご紹介

Quezon Cityケソンシティ

ケソンシティはフィリピンの文化が色濃く残っている街。1938年から新首都として計画的に建設され48年から28年間、フィリピンの首都だった。高層ビルやコンドミニアムが立ち並んでいて、かつては首都であったこともあり、政治家などの、上流階級の方々も多く住んでいます

ケソンシティの特徴→

Ortigasオルティガスのご紹介

Ortigasオルティガス

このオルティガスとは第2のマカティと言われる街で今後ビジネス街としてとても目が離せない街となっています。
今回はそんなオルティガスについてご紹介していきます。

オルティガスの特徴→

Alabangアラバンのご紹介

Alabangアラバン

モンテルンパ市に属するアラバンは、空港から南に位置しています。アラバンは、通りが広く、あまり高層ビルは多くありません。しかし最近では、オフィスが多くなってきており、ビジネス街にもなりつつあります。

アラバンの特徴→